脱毛器 ケノン

脱毛器業界では知らない人はいないケノン。ケノンは妊娠中は使うことはできません。効果や安全性などについてお伝えしていきます。ケノンに新しく追加された新型カートリッジについてもご紹介していきます。

脱毛器業界では知らない人はいないケノン。ケノンは妊娠中は使うことはできません。効果や安全性などについてお伝えしていきます。ケノンに新しく追加された新型カートリッジについてもご紹介していきます。

妊娠中の脱毛

ケノンは妊娠中の脱毛は推奨はしていません。妊娠中の脱毛は控えるようにとのことなんですね。女性の身体はとてもデリケートで妊娠中の女性は特に体調を崩しやすい状態でもあります。ですがネットでは妊娠中の脱毛をしたという声もちらほら聞きます。本当に妊娠中の脱毛はダメなのか?ちょっと調べてみました。

妊娠中の脱毛が本当にダメなのか?本当は大丈夫なんじゃないか。よく調べてみると妊娠中の脱毛は大丈夫みたいです。万一のことを考えるとダメなのかもしれませんが妊娠中に脱毛をしたからといって大きなトラブルにつながるということはないようです。妊娠中の脱毛を心配される方々はレントゲンのように脱毛器の照射光が体内へ届いて影響を与えてしまうことを考えているのでしょう。レントゲンなら体内まで届いて影響を与えることになりますが、家庭用脱毛器程度の照射光で体内まで影響を与えるようなことにはなりません。ですので妊娠中の脱毛でも安心して行ってもよろしいかと思います。

妊娠中に脱毛しないほうがいいという理由にはホルモンバランスが不安定な時期だから。肌が敏感になっているから。脱毛が影響してつわりがひどくなるなどの理由が考えられます。これらのことを考慮して自己解決できるようなら妊娠中に脱毛をしても大丈夫だと思います。

授乳中はOK?

妊娠中の脱毛は大丈夫そうだとお話しました。赤ちゃんを出産した後。授乳中はどうでしょう?女性は妊娠中も授乳中もホルモンバランスが崩れやすい状態になっています。ですから授乳中も脱毛することは心配ですが、よく考えると妊娠中と同じことが言えます。体内への影響は少ないということです。

女性は産後に毛深くなる方がいると聞くことがあります。あなたも聞いたことはありませんか?これは出産後にホルモンバランスが崩れて毛が多く生えてきてしまうというもので産後毛深くなる女性も多いとのことです。毛深い時に脱毛をしても寝耳に水のように効果が薄くなる可能性があるのでこの時期も脱毛は控えたほうがいいかもしれません。

赤ちゃんに授乳することを考えると少しでもトラブルの可能性は避けたほうがいいでしょうから。妊娠、出産など女性はいろいろな経験をします。この大切な時期に余計な心配をしないようにこの期間の脱毛は避けるようにしてもいいかもしれません。

脱毛器 ケノン © 2017
inserted by FC2 system